バーテンダーのスキルを競う大会とは?

ドラマや映画などに出てくるバーテンダーというと、多くの方はカクテルをシェイクする姿を思い浮かべるのではないでしょうか?あの動作は、お酒を混ぜ合わせるために行っているのです。

動作自体は誰でも真似をすることができるかもしれませんが、本格的なカクテルを作るためには多大な努力が必要になってきます。こちらでは、バーテンダーのスキルを競う大会に関してご紹介しています。

バーテンダーにはスキルを競う大会が存在しています

バーテンダーにはスキルを競う大会が存在しています

バーテンダーが日々培ってきたスキルを競う大会は、日本だけでなく世界中で行われています。

例を挙げると、「WORLD CLASS」と呼ばれるバーテンダーの総合力が試される大会があります。日本の代表者は、世界大会へと出場でき、過去に日本人が世界チャンピオンになったこともあるのです。

世界各国のバーテンダーが参加するだけあって、かなりの人数がエントリーしており、その中でチャンピオンとなるのは並大抵のことではありません。大会で行われる部門は様々で、例えば、オリジナルのカクテルを作る「オリジナル・カクテルチャレンジ」、カクテルを作るスピードと味の正確さを競う「スピード&テイストチャレンジ」などがあります。

初心者の方がバーテンダーの大会に注目する意味はあるのか?

初心者の方がバーテンダーの大会に注目する意味はあるのか?

初心者の場合、バーテンダーの大会と聞いてもあまりにレベルが違いすぎて、「注目する意味はあるのだろうか」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

プロの大会に注目することで、得られるメリットは数多いです。「トップクラスの方がどのようなテクニックを使っているのか?」「使用している道具はどういったものがあるのか?」など、大変参考になります。

バーテンダーは、膨大な種類の酒を上手く組み合わせてカクテルを作るため、オリジナリティが必要です。プロの技術を学ぶことで、どのようにオリジナリティを追求していくべきなのかが、おぼろげながらわかってくるはずですし、良きアイデアをひらめくきっかけとなる場合もあります。

将来、バーテンダーとして活躍したいとお考えでしたら、目指すべき1つの指標として、大会に早いうちから注目しておくとモチベーションも保ちやすくなりますので、日頃からチェックしてみてはいかがでしょうか?

バーテンダーは世界大会が行われるほど、技術を要する職業です。しかし、決して敷居が高いものではなく、道具があればスタートを切ることができます。シェーカーやトングなど、カクテルを作るための道具をお求めでしたら、合同会社 LUCKY STYLEのカクテルシェーカーセットをぜひご購入ください。

こちらは、カクテルに必要な道具をセットで販売しています。1つずつ買い揃える必要のないカクテルシェーカーセットでしたら、商品が届けばすぐにでも開始できます。

バーテンダーのスキル上げにカクテルシェーカーセットをお求めなら合同会社 LUCKY STYLE

会社名 合同会社 LUCKY STYLE
住所 〒312-0063 茨城県ひたちなか市大字田彦1471番地2
TEL 029-276-7071
FAX 029-276-7072
代表社員 庄司奈々
事業内容
  • EC販売事業部
  • 商品開発事業部
  • インターネット関連事業部
自社ショップ https://www.lucky-style.jp/
Amazon ストア http://www.amazon.co.jp/seller/A15HZCXONJFH2X
Wowma ストア https://wowma.jp/user/43253455
Trademark

LUCKY STYLE

商標登録第5970886号

商標登録第5931986号

商標登録第5975226号

ホームページURL https://cocktail-shaker.net
PAGE TOP